Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スマイルライターの新型を試す。他(続き)

JUGEMテーマ:鉄道

 前回のスマイルライターの続きです。スマイルライターのセットアップまでは出来ていますが、今回はスマイルライターの書込みテストのついでにSLのスケッチを改造しながら進める感じなので、本題そっちのけでSLのスケッチの話がほどんどです。

 HoゲージのC59に載せているのはMP3デコーダV5で、鉄道模型市のデモ用に仕立てて、自動運転と組み合わせた静止の状態で動かしていたのですが、実際走らせてみると少し気になる点が出てきたので、少し改良しようと考えていました。

 まず追加しようと思ったのはSLの絶気と呼ばれる運転モードです。絶気とは下り坂や、停止の直前などで駆動力を切って蒸機エンジンが無負荷になってドラフト音が小さくなる状態があるのですが、これを再現してみました。ドラフト音の消音の方法としてはSLスケッチの機能でF3をONにするか、ノッチオフモード(CV49:1)にすればドラフト音が出なくなったと思います。ただノッチオフモードだと加速をしなくなると、速ドラフト音が鳴らなくなってしまうのでSLの絶気モードとはチョット違うかなーと思ってました。あとはF3キーでONへ適時に使えばそれポイ感じにはなるのですが、Fキーの操作をズボラでやりたいMECYはF3 ONの機能にチョット細工して、停止の直前で絶気モード(モドキ)になる様にしてみました。

 

・改良点は以下です

SLスケッチの”VVVF_suound.cpp”の245-260行目あたりにノッチオフモードを切り替えている箇所があります。ここを少し細工させていただいで速度範囲が200以下に減速した時に自然にノッチオフになる様にしてみました。CV49を拡張してCV値を3にした時に機能する様にしています。

 

 あと、停止中や、発進時にランダムにMP3の音源を鳴らしまくるモード(CV48:2)を入れ込んでいたのですが、汽笛の音などは加減速中のある速度ポイントで1回発音するイベントを呼ぶ形だったので、汽笛を鳴らしたいたがめにスロットルを必要以上に煽る必要があってこれも今一だと思っていました。Fキーを押せば汽笛は鳴るので無理にスロットルを煽るらずFキーでもいいのですが、Fキー操作をズボラにしたいので、ここも改良しました。変えた点はある一定の定速状態で数秒おきに発音イベントを呼ぶ形にしてみました。

 

メインスケッチ”MP3V5_SL102aRandamxx.ino”の670-697行目に25秒位の間隔で汽笛とスチームの番号にあたるMP3をランダムに呼びだすルーチンに変えてみました。

 また最近よくお世話になっております「月本國」様の「てつおん素材」よりC58の大変高音質な汽笛の音源がありましたので追加でMP3に収録させていただきました。「月本國」様、お礼申し上げます。

 

 以上、新スマイルライターをお試しするには超リッチにSLスケッチパッケージを改編してしまったので、スケッチの書き換えは結果何回か行っております。なので新スマイルライターはもうお試しではなく、実用する感じになっています。

 

 ◇改良したSLスケッチでの動画です

 

停止する直前にドラフト音が消えて絶気モドキになってそれなりの雰囲気を再現しています。

走行中ほったらかしにしても20秒毎に汽笛などの15パターンのMP3の音源からランダムに鳴る様になりました。

C59のテンダーにMP3デコーダと大きめスピーカを搭載していますが、スピーカの置き方をチョット変えたので以前より少し音が響く様になりました。テンショウドウの狂気な爆音SLサウンドにはまだ今一歩及びませんが、ほっといてもAIモドキに汽車が色々なサウンドを自動で鳴らすお遊び機能はさすがにまだ持ってない思います。スケッチの工夫次第ですが、MP3デコーダのポテンシャルの高さは他に比類がないと思います。

 

MP3データをパッケージにした今回のSLスケッチを貼っておきます。一応MP3V5専用です。

MP3V5_SL102a_Randam1

 

オプション設定は

CV48:2→ランダムサウンドモード

CV49:3→絶気モード(モドキです)

スポンサーサイト
- | 19:11 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.