Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フィーダー基板を作ってみた

JUGEMテーマ:鉄道

 あやのすけ様が最近頒布を始めた、フィーダー基板を分けてもらい作ってみました。

 これは何に使う物なの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、いわゆるKATOの配線を分岐させるコネクターと同じ役割を担うものです。

 ではフィーダー基板を作ってゆきます。Ayano 部品配布から頼めばキット形式で送られてきます。

 

 ◇フィーダー基板は完成品ではなく写真の様なキット形式で送られてきます。

 

 キットの内容物はベースになるフィーダー基板と化粧版、KATO互換のターミナル端子とユーロコネクターで、数量を半々のミックスで入れてもらう様にお願いをしておきました。またKATO互換ターミナルの電極の先っぽに基板へハンダ付けするためのスズメッキ線を噛みこませてもらっています。

 組み立ては特に難しいところはなく、DCC入電時に点燈する、LED周りの抵抗とダイオードのハンダ付けとKATO互換ターミナルかユーロコネクターをお好きな所にハンダ付けするだけです。注意点としては、カスケードにオスのKATO互換ターミナルを取り付ける場合、ターミナルの凸の逃げが基板側にないので、削っておく必要があります。あと、KATO互換ターミナルを取り付ける場合は電極から延長したスズメッキ線でフィーダー基板へハンダ付けするだけでは完全な固定化ができないので、接着剤でターミナルを基板へ張り付ける必要があります。

 

 ◇LED周りの組み付けてカスケードにKATO互換ターミナルの凸のアタリ具合を確認します

 

 ◇KATO互換のターミナル端子とユーロコネクターを半々で取り付けてみました

 

 ◇化粧カバーを付けた場合。スペーサは自前で用意して、四隅に組付けておきます

 

 大方組み上がったので、伝説の兄弟機「DSOne」と「見るだけ君」につないでDCC ON時の通電具合を確認してみました。特に問題なく組み上がったみたいです。

 

 ◇DCC信号が入るとオレンジのLEDがつきます。

 

 このフィーダー基板これから結構活躍しそうです。例えばKATOのターミナルを取り込み口として使っているレンタルジオラマに持参のDCCコマンドステーションを割り込ませたい時など配線の口が合わない時の中継ターミナルみたいな使い方や、DCC/アナログ問わず大規模なジオラマ配線のHUB基板みたいな感じにも使えると思います。あとはTOMIX互換のターミナルとかが部材として用意できれば完璧かも?と思います。

 

DCC | 10:27 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
- | 10:27 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.