Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
SL三昧な1日 その2

JUGEMテーマ:鉄道

 前回に引続き長かった1日のその2です。

 本物のSLを堪能したら、次は模型で余韻を楽しみましょう!ということで、SL北びわこ号の終点木ノ本から直に帰らずに、途中の彦根駅で一旦下車しました。目的は関西最大級、いや日本でも指折りの巨大ジオラマをレンタルできる「和」さんにお邪魔しました。このジオラマ屋さんはHoゲージ、Nゲージの路線が混走しておりかなり広大です。Hoゲージでも奥まで進むと見失うほどです。ここでHoゲージのC59を走らせようと思います。ただこの「和」さん、店内が広大すぎるので車両からの音が拡散してしまい音が響きずらいのと、店舗がショッピングモールの中にあるので、大型エアコンダクトの音や店内放送が結構大きく雑踏な環境下なのでサウンドを楽しむには案外厳しい環境です。MP3V5で武装したC59はサウンド音量を限界一杯まで引き上げてありますが、どこまでSLサウンドを響かせられて聴こえるのか確認しておく目的もありました。

 あと同行しているヒデロンさん親子はNゲージをありったけ持ち込んで、広大なレイアウトで長編成な車両を豪快に走行させて堪能する様です。

 

 まず準備から、「和」さんではDCCで運転しますので、DsmainDsAirを持参して接続します。ジオラマの線路に繋げるには、元はアナログ方式の操作盤から引き出されている配線があるので、ここにコマンドステーションを繋げたいのですが、ターミナルの形状がKATOのターミナルを使用されているなの、ここは前に作ったあやのさんのフィーダ基板が活躍します。

 

 ◇KATOターミナルからユーロターミナルへ変換基板の様な使い方になっていますがこうゆう場面では大変重宝します。

 

 この様にすることでポイントの操作は元のアナログ操作盤になりますが、動力系はDCCで運転できるようになります。

 

 準備もさくさくと済みましたので、C59と客車を線路に並べてSLのサウンドを響かせながら、午前中に乗ったリアルなSLの余韻として思う存分楽しみました。

 

 動画をイヤ!というほど撮りましたので、お暇まな時にご覧ください。

 

_

_

_

_

_

_

 

 HoゲージのC59以外に実際に乗車した本物のC57にあやかるわけではありませんが、NゲージのC57もSmileDecoder R6nでサウンド武装してきたので、これもNゲージコースで走らせてみました。

 

_

_

 

 ジオラマがとにかく巨大なので、シナリーの影に隠れてしまうと”どこ走ってんの?”状態なのですが、かろうじてSLのブラスト音は聞こえていたので車両の生存確認には役立ちました。これだけの広大なコースだとやはりmore  big sound!なのですが、まあこれだけ広くて、音を響かせるのに不利な環境も幾多にないと思いますし、手元に走ってくれば十分サウンドは聞こえているので、現行のMP3V5、SmileDecoder R6nの性能で十分じゃないかと思いました。

 

 朝早くから夕方までリアル、モデル両方のSL三昧で充実した1日を過ごせました。

 

 

スポンサーサイト
- | 17:01 | - | - |
コメント
from: MECY   2018/08/10 7:53 AM
あやのすけ様
コメントありがとうごさます。フィーダ基盤、一つあれば口が異なるターミナル同士を中継できるので大変便利です。
from: あやのすけ   2018/08/07 6:39 PM
フィーダー基板使っていただきありがとうございます!
コネクタ変換器としても役に立ちますよね!
from: MECY   2018/07/26 2:44 AM
#fujigaya2さま
コメントありがとうございます。
おかげ様でSL版のスケッチの改良が進んで、かなり良い音が出せる様なりました。あとは、ご提案の通りサウンドカーを勢ぞろいさせて賑やかに走らせるのも色々な音が出て楽しいと思います。問題は大量の車両をどう輸送するか?ですね。
#ひでろん様
コメントありがとうございます。
当日は大変お世話に成りました。
楽しい1日でしたね。
D51が戻ってきて乗れる様になったらまたツアーでもやりましょう!
from: ひでろん   2018/07/24 8:16 AM
お疲れ様でした。
おかげ様で家族一同SL堪能出来ました。
彦根のなごみさんのFacebookに上がってました。
https://www.facebook.com/419882261388988/posts/1921913687852497/
from: fujigaya2   2018/07/22 10:20 PM
 C59,C57共にいい感じで走っていますね。今度はディーゼル音入れた北斗星DD51を補機として一番後ろに付けて押したり、客車(12系?)のどれかにディーゼル発電機の音を付けておくとか、どうですか?
 サウンドボックスにはまねのできないリアルさが演出できるかなあと思いますが、そもそも補機って、見て見ぬふりをすべきものなのかしら。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.