Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
国際鉄道模型コンベンション 2018に行ってきた

JUGEMテーマ:鉄道模型

 土曜日だけみたいですが秋を感じさせる陽気の下、ビックサイトで開催された国際鉄道模型コンベンション 2018にいってきました。国際と冠がありつつも微妙な内容で北海道がテーマらしいのですが、外国人は殆どいませんでした。(あたりまえか・・)まあ純粋な日本型色濃いめの内容ではありますが、鉄道模型界の一大お祭りなので、人出はそこそこありました。だだ会場は広めにとってあるのか、開催期間が3日で分散していたのかわかりませんが、先々週に行った鉄道模型コンテストの方が人口密度がかなり高めのような気がしました。

 

 ◇会場で入手したパンフレット

 

 テーマが北海道とはなっていますが、会場全体でみると特に北海道を意識しているわけではなさそうで、北海道のSLの写真と倶知安駅のジオラマが入口付近にある程度で、他は各出展グループ独自の世界が展開されていました。その中でMECYは、羅須地人鉄道協会さんの自作?世界最新のSLが展示されるとの事なので実物を見てみたかったのと、DCCをやってるグループはどんな展示物なのかを知るため彷徨ながら見て回りました。

 

 ◇羅須地人鉄道協7号機の 1/1ScaleのリアルSL。流石に石炭は焚くいてませんでしたがすでに7機?もSLがあるの点がビックリです

 

 会場を彷徨っていて気が付いたブースですが、以前やみつき人生という NHKのTVで見た記憶のある超有名なモデラーの方(こてはし鉄道さま)がいらっしゃいましたので、前TV見ましたよ!と声をかけましたら、「待っていたんですよ!!」と言われて、いきなりイスに座わらさせれて、大変ご丁寧な作品の説明をしていただきました。DCCではなくアナログ制御のギミックですが、ユニークで独走的な発想のアィデアは大変参考になりますし、人柄も大変よい方で尊敬するモデラーさんです。TVの再放送も19日の深夜に放送されたそうですが、寝てしまいました。・・・スミマセン

 

 ◇「TV出演は恥ずかしかった」といおっしゃっていながらもそれとなくアピールが・・

 

 ◇小さいので気が付きにくいですが、行き先表示が紙芝居チックにかわるギミック

 

 ◇説明していただいてようやく伝わりましたが、苦心された雨のワンシーンを表現されたギミック

 

 ◇TV放送時に片岡鶴太郎さんにペンキこすっても消えてませんね!と指摘され改良したとゆう、ペンキが消えるギミック

 

 ◇こてはし鉄道さまの全貌がわかる動画を見つけました。ご自宅の地下室一杯に広がっているそうです。

  さすが神様と称されるだけのことはあります。JAM会場の展示ジオラマより何気に凄いんですが・・

 

 他に幾つかDCCで動かしていたグループを中心にみてまわりましたが、殆どがデジトラ系のコントローラで、中にはどこか見慣れたPC画面から自動運転している展示作品もありました。その中で気になったのはキハ110から結構良い音を出してタブレットで操作されているモデラーさんがいました。興味があったので「どこのサウンドデコーダですか?」と尋ねましたが、「DCCのデコーダは使ってない」との回答でした。詳しい構成は聞けませんでしたが、どうもここのグループで他車両は純粋なDCCで動いていたみたいです。レール上にはDCC信号が流れていて、キハ110だけレールからDCCの交流電源だけを利用していたらしく、車両にはBluetoothとスピーカを搭載してBluetoothの通信経由で音声と動力コントロールをタブレットから投げてうごかしているみたいでした。もしかしたらロクハンさんのe-trainコントローラに似た制御方法を利用しているのかも?と思いました。

 

 ◇Bluetoothの無線制御?で動くキハ110のサウンド

 

 結果的にはいつものパターンで色々と無作為に会場を見て回ってしまったのでかなり疲れました。適当に見て撮ってきた画像をダイジェスト版にしましたのでお時間ある方はご覧ください(15分程度で長いです)

 

 ◇JAN 2018 ダイジェスト

 

 

 

スポンサーサイト
- | 10:47 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.