Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スマイルデコーダ BEMFのリベンジ
 以前、スマイルデコーダのBEMF機能を試した記事を掲載しましたが、モータ車の特性に影響するのか、BEMFの本質がよく解っていないまま微調整が上手くゆかず腹落ちが悪い状態で終えていました。その後違う車両で動かしてながらBEMFのスケッチを見返してみて重大な見落としがありそうな事が判明しました。
 微調整が効かなかった原因はスケッチ上でBEMFのCV値が上手くセットされていない(CV値が変わっていなかった)みたいです。MECYで、スケッチの不具合箇所と思われる点を書き換えて、デコーダ開発ボードでテスト走行してみました。
 結果、前回ガクガク走行だった車両でも改善がみられました。

 動画はどれも暫定で改修したステッチを開発ボードに書き込んでCV54 → 24で調整しています。
 DSDCCLocDecoderR4Y.zip

 ■前回ダメダメだったMICRO ACE EF57 BEMF有のRUN


 ■さらに低速走行がスムーズになったKATO EF66


■スマイルデコーダ搭載予定の MICRO ACE 長野電鉄 2000系


 デコーダ開発ボードで走行させているので、正確にはDCCではありませんが、勾配と牽引車の重量に負荷がありながらも、BEMFの効き具合が安定しているのが動画からでもお分りになると思います。特に前回まったくのダメダメ走行だったEF57がスムーズな走行へと改善しました。

 今までBEMFが出来たと思込んでましたが、まだまだ詰めが甘かったと反省してます。(ソフトウェアは難しい)
 今後は長野電鉄2000系へスマイルデコーダを実際に載せて、走行性能や、発熱等の経過をみてゆきたいと思います。
BEMF | 14:12 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
- | 14:12 | - | - |
コメント
from: MECY   2016/04/12 12:16 AM
コメントありがとうございます。
BEMF、動力車の個体差によりデリケートな調整が要求されるのこだわると底無しにはまります。。
from: yaasan   2016/04/10 7:18 PM
BEMFのテストありがとうございます。走り出しが若干、ぎこちないのが残ってますが、走り出しの微調整がまだやりきれていないと思うのが、自分の反省点です。モーターの質や動作に影響されやすいので、BEMFは非常に奥が深いです。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.