Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • ワンコインデコーダ for KATO Loco(試作版)をEF57に載せてみる+α
    MECY (01/16)
  • ワンコインデコーダ for KATO Loco(試作版)をEF57に載せてみる+α
    Yaasan (01/15)
  • ワンコインデコーダ for KATO Loco(試作版)をED75に載せてみる
    MECY (11/12)
  • ワンコインデコーダ for KATO Loco(試作版)をED75に載せてみる
    nucky (11/11)
  • ワンコインデコーダ for KATO Loco(試作版)をED73に載せてみる
    MECY (11/11)
  • ワンコインデコーダ for KATO Loco(試作版)をED73に載せてみる
    nucky (11/11)
  • 結伝杜さまのホビセンイベントに行ってみた
    MECY (10/31)
  • 結伝杜さまのホビセンイベントに行ってみた
    トレジャー (10/31)
  • 結伝杜さまのホビセンイベントに行ってみた
    MECY (10/29)
  • 結伝杜さまのホビセンイベントに行ってみた
    Yaasan (10/29)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
ワンコインデコーダ for KATO Loco(試作版)をED75に載せてみる

JUGEMテーマ:鉄道

 ワンコインデコーダの新機軸「ワンコインデコーダ for KATO Loco」の試作基板をNukcy様からご提供いただいたので、手持ちのLocoに載せてみます。第2回目はメジャーな電機機関車ED75 1000番台(品番3075-1)です。

 

 ◇某店ジャンクコーナに埋もれていたので掘り出してきました。

 

 ◇ボデーを外して、基板を入れるフレーム周りをみてみます。

 

 LEDのライト基板をよく見ると前回取り付けたED73より向かって左側だけLEDの位置が中に寄っている感じです。車体の外観や大きさなどは似たような感じですが、ライト基板は車種により微妙に違っているみたいです。

 

 ◇比較してみました。ワンコインデコーダ for KATO Locoはもう出来上がっていてソフト書込み端子はカットしています。

 

 片側のライト周りは結構厳しいかも?と思いつつデコーダを仮付けしてみます。と・・デコーダがハマらない。なんとダイキャストフレームの基板ガイトの一部が狭くなっていて、基板の幅がギリギリ同じか若干オーバサイズになっていて、デコーダが沈み込めない状態です。

 

 ◇赤枠部分の当たりがきつく、基板サイズがあっていない状態ではめ込みができませんでした

 

 ガイド部分を実寸してみましたが9.1mm位でそれに対する基板の幅は9.4~9.3mm位でした。微妙な差ですが0.2mmでハマらないのは悔しいので、当っている基板の両サイドを削りました。ただ雑に削ると配線パターンが近くに通っているので、削り込みすぎない様に慎重に削っていきました。チビチビ削りながら、ガイド内に収まる幅に痩せさせて、ようやく4点ある基板ホルダに差し込める状態までもってゆきました。

 

 ◇外側に通っている配線ギリギリまで削りました

 

 次の難関、基板の厚みと4点ホルダの関係ですが、このED73のフレームはあまりこの部分はきつい作りではなさそうでした。ここで裏技?ではありませんが、(あまりお勧めではありません)ダイキャストのサンドイッチ状態を固定し、絶縁を確実にするための黒いサポータの様なものがありますが、これが基板の高さを0.2mm程度かさ上げしていることを発見してしまったので、これをとってみることにしました。

 

 ◇黒い枠の様なものが絶縁サポータです。基板がキツキツなのでこれがなくてもショートなどの問題は大丈夫そうでした。

 

 ◇絶縁サポータを取り去ってそのままスッポリと4点ホルダにはまりました。通電も問題ありません。

 

 ED73ではあれ程苦労した基板の厚み問題ですが、このED75に関しては拍子抜けするくらい簡単に突破できました。

 

 ◇フレームにデコーダを載せただけですが動作確認の動画です

 

 絶縁サポータが無くても、ショートなど動作に影響はなさそなので、デコーダの搭載はこれでいくことにしました。

 次はボデー編です。ED73でも散々苦労してますが、このED75も例外ではありませんでした。まずは何も加工していな状態でボデーを被せてみました。

 

 ◇案の定ボデーは浮きます。1.5mm位浮いてそうです

 

 ◇例のごとくボデーとデコーダのアタリ具合をみてみました

 

 写真でみると青枠は削除する必要がある部分です。黄色枠は温存しましたが、ダイオードが微妙に当たっていたので裏からリュータで削り肉厚を薄くしています。(切り取った方が手っ取り速いです)緑部分は懸念していたLEDライトの位置で、透明のプリズムパーツにLEDが当たって押し上がっています、プリズムパーツを短く切っても良いですが、このままでもボデーは収まりそうだったので今回は手付かずにしました。

 

 ◇ボデー加工後の状態

 

 ◇ ボデー裏面でオレンジ枠の部分は部品が当たるのでリュータで削りました。

 

 片側だけLEDの位置がオリジナルのライト基板と合わず大幅にズレた状態で強引に搭載まで持ってゆきましたが、この様な加工でなんとか結果オーライとなり、ボデーを綺麗に被せることが出来ました。

 

 ◇ボデーが綺麗に収まった状態で動かしてみました。

 KATOは車種によりライト基板とフレーム形状が微妙に作り分けわれているので、デコーダ搭載の可否は実際にふたを開けてみないと分らない事があります。あんまりユーザフレンドリーじゃないですね。

 

 

スポンサーサイト
- | 23:07 | - | - |
コメント
from: MECY   2018/11/12 9:13 PM
nuckさま
コメントありがとうございます。

幅がシビアな箇所、重要機能の配線は所狭しと這っているのですね。
基本、機能優先だと思うので利用者は臨機応変に基板の端を削って合わせ込んで許容するという事になりますね。
from: nucky   2018/11/11 11:54 PM

 ED75への搭載検証、どうもありがとうございます。

 EF級電機に比較し、ED級電機は車体長が短いことも設計上影響しているのかもしれませんね。

 基板幅の件ですが、キープアライブ用の端子をなくすことで、その配線もなくなるので、幅を小さくするのは可能かもしれません。
 ただ、それ以外のICSP等の配線と、肝心のマイコンへの5Vラインも影響するので、単純ではなさそうです。

 nucky
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.