Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
オープンサウンドデータMT54 を115系に入れてみた。その1

JUGEMテーマ:鉄道

 盛り上がりをみせているオープンサウンドデータ。その中でComing SoonなMT54のβ版をYaasann様から特別に提供して頂きましたので緊急レポートをします。

 MT54とは旧国鉄の主電動機つまりはモータの型式を示すらしいです。ちぇっと昔なら東海道線の近郊区間でよく見かけた115系が代表的ですが、懐かしい音をかなでるサウンドなので、115系に限らず旧国鉄車両なら結構な数の車両へ搭載されていた汎用的なものだと思います。まさかこのタイミングでMT54のサウンドが作られるとは予想だにはしていませんでしたが、たまたま去年気まぐれで購入していたTomix HOタイプ 115系が日の目をみることになりました。

 

 ではさっそくDCC化から始めたいと思います。お題はTomixなので8PINソケットなどのDCC化への配慮なんてありません。Yaasann様がDCC化を手助けしてくれそうなTomix用の ExpBoardを検討されていますが、現時点ではまだ無いのでここは自力なんとかしないといけません。とはいってもHoなのでNゲージほどスペース面でハードルはさほど高くないと思います。一番の問題はDCC化のための追加配線の処理をいかに上手く処理するかだと思います。まず構造を把握するのとDCC化の検討のため車体を全部ばらすところからはじめました。

 

 ◇ボデーを外します

 

 ◇室内カバーを外します。モータや集電板が見えてきます

 

 ◇集電板を外してモータを外せるようにします。

 

 ◇モータや付随の部品も外します

 

 車体を大方バラし、モーターのターミナルに付近に付属していた謎の小さなモジュールはなくても問題なさそうでしたので今回は外しました。次にDCC化のため、モーターのターミナルに配線をハンダ付けしてひきだしておきました。

 

 ◇モーターのターミナルから配線を引き出して、集電板と接触しそうな所は絶縁しておきます。

 

 引きだしたモータの配線はすぐ車体の脇から室内カバの中へ回り込ませるようにしました。なるべく細いリード線を使えばボデーを被せてもそんなに気になりません。集電板はRAIL側の給電ラインとして活かすため元に組直しますが、モータのターミナルはカップトンテープで覆うなりして、確実に絶縁しておきます。室内カバーも元に組み直して、本来は室内灯として利用するためのターミナルからリード線を別にハンダ付けして、RAIL側の給電ラインとして利用することにしました。これでモーター側給電ライン:オレンジ・グレとRAIL側給電ライン:黒・赤が形成できるので、あとは適当なビンヘッダの足にNMRA の8ピン仕様相当になるようにハンダ付けしておきました。

 

 ◇仮設レベルですがDCC化出来ました

 

 次にサンドデコーダですが、今回はMT54のベータ版ですのでYasann様にESU Loksound micro5へデータを書き込んでいただいた物をそのまま使うつもりでしたが、元々Nゲージがターゲットの様で、スピーカがキューブタイプのコンパクトなのもが標準でついていました。これをそのまま使っても問題はなかったのですが、Nゲージと違いスペースには余裕があったのと、音量が少し不足気味な感じがしたので、手持ちの適当なスピーカに替えました。MP3デコーダと合わせてよく使っていたもので、音の感じはまずまずだったのでこれにしてみました。

 

 ◇ESU Loksound micro5のオリジナルスピーカから適当なスピーカへ入れ替えました

 

 ◇8ピンソケットモドキにESU Loksound micro5を繋いで仮設のDCC車両となりました

 

 ◇ボデーを被せて仮設搭載完了です。

 

 まだ中間モータ車したDCC化してないので、先頭車がついていませんが音、走行具合を確認した動画をごらんください。

 

 

 オープンサウンドのMT54 β版ですが、完成度はすでに相当高く、まだFキーの使い方とかよく分っていない状態で適当に動かしているレベルですが特に問題となるような動きは現時点では認められませんでした。

 

 テストトラックの距離が全然足りないので今後は線路を広げて動きをみてみたいと思います。

 オープンサウンドのMT54β版ですが素晴らしい出来栄えだと思います。

スポンサーサイト
- | 14:29 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.