Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • Wifi throttleの仲間がいた⁉
    MECY (02/14)
  • Wifi throttleの仲間がいた⁉
    okiraku346 (02/14)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Smile Wifi Throttle で出来ること

JUGEMテーマ:鉄道模型

 コツコツと機能と作りこんできた「Smile Wifi Throttle」の機能の概要についてです。

 成り行きで機能を追加してきていますので、これが最終形ではありませんが、現時点で動かせる機能は下記になります。

 

 システムの概要:

  運転用スロットル機能と、各設定/管理用のWeb画面の2つの機能を使い分けて拡張性を考慮した構成。

  Wifi Throttle単体でDsAirに接続しコントローラとして機能する。

 

 機能の概要:

  1.装備している2スロットルを各々個別で車両を制御できる。

  2.Web設定画面から1スロットルあたり5車両(2スロットル合わせて10車両)のDCCアドレスの登録ができる。

  3.Web設定画面からスロットルの1ノッツチ当たりの速度変化量の増減(1−40)を変更することができる。

  4.装備している10Keyの機能割り付けを可変にしてファンクションキーを”F0〜F39””まで操作可能。

  5.装備している10Keyの機能割り付けを可変にしてポイント(DCC Accessory)を”1 - 2044”(実質無制限)まで

   操作可能。割り付けの切替設定はWeb設定画面で行う。

  6.Web設定画面からDsAir接続のための認証設定/変更を行う。

 

 賛否はありますが、2スロットル装備しているので2列車を相手に運転することができます。ですが現状使用を想定していたボタンが諸事情で使えないため、生きているボタンを使いまわす必要に追われ、長押ししたり、2つのボタンの同時押しなど無理やりな割り振なのと、機能も可能な限り搭載したので操作が複雑になりかなり使いずらいものになっています。

 

 機能満載にしてしまった弊害なのか、ボタン位置のアレンジにセンスがなためか、ボタン操作がかなりアクロバテックなので今ある機能をフルに動かそうとすると相当な熟練を要するコントローラとなっています。

 

 ◇オープンサウンド化したDD13とC58のサウンドの競演を綺麗にきめたいところだったのですがコントローラの操作の複雑さに

  翻弄されています...

 

 

 自分で作っておきながら思うのもなんなのですが、慣れないと操作が難しいです。ボタン配置やスイッチ類、機能の見直しを行ってシンプルなものに原点回帰する方が吉なのかもしれません。。

スポンサーサイト
- | 19:30 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.