Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • Wifi throttleの仲間がいた⁉
    MECY (02/14)
  • Wifi throttleの仲間がいた⁉
    okiraku346 (02/14)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
オニコン格闘記 その2

JUGEMテーマ:鉄道

 「オニコン格闘記のその2」です。前回まではESP32がオニぽいというところまで分かってきました。今回はオニのESP32に2つの角であるロータリーエンコーダをどのように退治したかについて語りたいと思います。

 ロータリーエンコーダについては以前にYaasanさまのUSBスロットルスケッチを改良したことがあるのでこれを転用すれば楽勝と踏んでいたのですが、色々と調べていくうちに、開発環境が同じようなarduinoIDEといってもATMEL系のマイコンとESP32とではどうもソフトの細かいレベルでみてゆくと別物らしく、USBスロットルのスケッチを転用できないことがわかってきました。つまり全てが1から作りこむ必要があるということになります。これはオニだ!絶望しました。。。

 1度はESP32のオニのこん棒に叩かれて死にましたが、めげずに"ESP32” と”ロータリーエンコーダ”のワードでネットを彷徨っていると、なにやらESP32にはパルスカウンタというものが実装されておりESP32独自の方法になりますが、なんか使えそうな感じであることがわかりました。

 

以下参考にさせていただいた記事になります

ESP-WROOM-32のパルスカウンタの使い方(arduino)

https://qiita.com/wanko_in_lunch/items/a508d8da78961c855d7f

 

一見すると難しそうな処理をいくつもやってそうなコードですが、複数のユニットで使い分けもできそうなので、最適と思いオニコンの2つの角であるロータリーエンコーダに合うようにコードを改造して、クルクルと回してみるとそれなりの動作をする事が確認できました。

 

 まずはオニの角までは退治できました。

 鬼ヶ島での格闘はまだまだ続きます。

 

スポンサーサイト
- | 23:31 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.