Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Maker Faire に行く

 DCC電子工作連合の方々がメーカーフェアとゆう展示会に出展されるとの事で、今年一番じゃないかと思う猛暑の中、ビックサイトまで行ってきました。

 会場に入ると思っていた以上の人手。暑さも手伝って圧倒され気味でしたが、今はIoTが熱いのだ!!とあらためて実感しました。

 DCC電子工作連合の皆さんのブースを探しながら、ちょいちょい覗き見をしてまいりました。まず目に留まったのは銀色に輝くラジコンかな?と思いきやHAKUTOと呼ばれる月探索プロジュクトの探査ローバとの事。いやはや〜のっけからすごいものを拝ませて貰いました。

 ■子供でもスマホで操作できる月探査ローバ

 

 ■奇妙なテキストアートな仮面!?のお兄さんなどもいらしゃいました。

 

 今流行に流行っているドローンのレースイベントも見ごたえありました。DCC電子工作連合のブースのすぐ近くでやっているので、ついつい浮気して見にいってました。

 

 ■迫力満点のドローンレース

 

 そうこう寄り道をしながら人を掻き分けようやくの事、DCC電子工作連合のブースに辿りつきました。

 お昼過ぎに会場に入りましたが、もうすでにかなりの人だかりで大盛況な雰囲気です。

 

 ■マスコンハンドルに被りつく将来のDCCユーザ!?

 

 ■各展示デモの様子

 

 今回、DCC電子工作連合のブースに足を運んだ目的は日ごろお世話になっている開発者様へのご挨拶は当然なのですが、メインは

幻となりそうな「ただの箱」のチャレンジです。いけにえは名古屋電鉄様の新MP3デコーダです。(詳しくは別の機会に投稿します)実はサンプル品で少々のデバックと動作確認をさせていただいてたのですが、動作確認の仕上げに「ただの箱」でデコーダのCV値がRead/Writeできるか確認しました。

 

 ■CV値 3→40にRead/Write 出来ています。「ただの箱」お見事です

 

 一応新MP3デコーダ搭載車として夜なべしてSoundも出る様に組み込んできたのですが、会場のあまりの熱気にただのノイズになってしまうので、だだの箱のデモ車として置かしていただきました。

 

 ■「ただの箱」のデモ車両として一役買った!?MECY持込のキハ40 

 

 今回のメーカフェアーでは鉄道模型ユーザが大勢集まるかと思っていましたが、必ずしも鉄道模型好きの人でだけではなく幅広い層の方が足を止めて観ていた様に思えました。特にお子さんに釣られてなのかもしれませんが、以外に女性が多かったのがいつもの鉄ちゃんコーナと感じが違っていて、とても良いイベントだったのではないでしょうか。

 

 いつものごとく、お手伝いもせず気ままにお邪魔してしまいました。DCC電子工作連合の方々ご迷惑をお掛けしスミマセンデス。

 

 

 

スポンサーサイト
- | 00:05 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.