Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
魔法のモジュール

 必要は発明の母とはよく言ったもので、MECYと旧知の仲のひでろんさんですが、お子さんと鉄道模型で遊ぶ時に一つの車両をDC/DCCで共用していて、お子さんはDC派、ひでろんさんはDCC派のため、取り合う度に一々DCCデコーダを付けたり外したりするのが面倒になり、ついにとんでもない代物を作りだしてしまいました。その名も魔法のモジュール、ドッチーモアダプターです。このモジュールを装着すれば通常のDCコントローラからでも、DCCコントローラからでもどちらでも対応可能とゆう、正にドッチモOKの魔法のモジュールです。動作原理は「倍電圧整流回路・・・」と一見難しい説明から入りますが、要するに、DC/DCC(デコーダ)の両方の経路にリレーがあって、DCC信号ないしはDC電流をリレーで自動的に切り替えて両方走らせられる様にしたものです。

 そのドッチーモアダプター試作を重ねて色々と改良が加えられバージョン3に進化したとの事で、サンプル品をいくつか提供してもらい実際に組み込んで動作を確認してみる事にしました。

 

 ■薄い基板がベースのドッチモアダプター

 ■ハンダー付け後完成品

 基板は薄くなっています。これはコンデンサーを2個搭載するため極力高さを抑えるためだそうです。基板の大きさも配線の取り回しを工夫し小型化を追及しています。初めての基板作成に挑戦したものにしては完成度も高く良く出来ています。

 ハンダ付けは極小のチップ抵抗とLEDを採用しているので、ここだけはちょっと気をつかいます。ですが部品数は多くないので、慎重に進めれば30分〜1時間くらいで完成させることができると思います。

 シルクが少し切れてしまっていて見にくいところがあったので、回路図と照らしあわせながら部品を位置決めしハンダ付けを行いました。

 ハンダ付け後は、アダプター単体で動作確認をするのが望ましいのですが、DCCシールドとの相性があるみたいで、アダプター単体ではリレー切り替え確認がうまくできませんでしたので、一気に車両の組み込みまで進めました。

 車両へ組み込際は、事前に車体側の絶縁処理を確実にしておく必要があります。この工程をおろそかにすると、組み込み段階で知らず知らずにショートさせてしまう可能性があります。

※MECYはここではまってしまい、初期動作の不安定原因を見つけるのに時間が掛かってしまいました。

 

 ■ドッチーモアダプターとスマイルデコーダのドッキング例

 

 ■車両に組み込んだ例 KATOキハ40

 

 写真右手半分がドッチーモアダプターです。本来はスマイルデコーダとピンヘッダで直結できる様にターミナルの配置が工夫されていますが、今回の車両へ組み込む際は配線を取り回して接続しています。

 

 車両に組み込んだ後は試運転です。ドッチーモアダプターはレールに流れるDC/DCC信号をそれぞれ自動的に感知してリレーを上手に切り替えます。DCC側にリレーが切り替わると青、赤のLEDが点灯してDCCモードになっていることを示します。DC側にリレーが切り替わっている時は走りだしてから赤のLEDが点灯します。

 

 DC/DCCそれぞれの運運モードで動画を撮ってみましたのでご覧ください。

 

 ■DC運転時(ボディーレス)

 

 ■DCC運転時(ボディーレス)

 

 ■DC/DCC 交互に運転

 

 DC/DCCモード両方ともスムーズに走行しているのがお分かりになると思います。特にDC運転時の低速走行の実力が優れており、市販のデコーダによくあるアナログモードの走行とは比べものにならない程スムーズで自然な動きになります。

 

 ドッチーモアダプターこのユニークな名前の代物はおそらくは世界初かな!?かつ画期的なアイテムではないでしょうか?

 

 

スポンサーサイト
- | 00:55 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.