Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ドッチーモアダプター室内灯のリベンジ

 前回、ドッチーモアダプラーに実験的にLEDを増設し、室内灯の光源にでもしようとして、光量が小さすぎてローソク灯になってしまった件ですが、開発者のひでろんさんからスルーホールから十分な光量がとれる経路を教えてもらいました。「次回の改良にちゃんとしたLEDの取り口設けて欲しいなぁー」と思いながらもお互いアバウトな性格なので、取りあえずアドバイスに従ってチャレンジしてみる事にしました。

 

 ■LEDの接続ポイントになるスルーホール

 

 ひでろんさんによると基板レイアウトの青で囲んであるスルーホールを利用せよとの事で、えらい離れて付け難いなあと思いながら、手持ちの500Ωの抵抗とLEDで回路を結ぶ事にしました。しかしながら作業の途中で大変な事をやらかしてしまいました。LEDをハンダ付けする最中にLEDの方向が違うのに気付いて、無理に外そうとした際にスルーホールのパターンごと取れてしまい、元々リレー確認用のLEDの回路が断線して点かなくなってしまうとゆう、二次災害を引き起こしてしまいました。「だからスルーホールを使うのは怖いんだよー」と独りでグチリながら、断線した回路をリペアーしつつ室内灯用のLEDをなんとか取り付けました。

 

 ■基板がボロボロになりながらもなんとかつけたLED

 

 ■LEDは仮設と割り切って搭載すると見た目こんな仕上りになります。

 

 なんとも搭載したかっこうはブサイクになってしまいましたが、これでどれくらい効果が出るのかDCとDCCをそれぞれレールにながしてみました。

 

 ■DCCの場合

 

 ■DCの場合 (スロットル2/3開)

 

 DC/DCCの場合とも前回のローソク灯と比べ格段に光量がアップしています。さすがひでろんさんさんです。

 

 ■DCCの場合 (完成状態)

 

 ボディーを被せても光量が十分なので室内灯の雰囲気が出ています。前半分しか光りませんが、もう一つ追加すれば後ろ半分も点灯出来そうです。

 ドッチーモアダプター工夫次第でDC/DCC兼用で室内灯のベース基板としても使えそうです。

 

スポンサーサイト
- | 00:42 | - | - |
コメント
from: MECY   2016/09/01 12:24 AM
Yaasan様
コメントありがとうございます。
そうですね。テープLED、最近はそんな手頃な物がありました。こんど入手して試してみたいと思います。
from: yaasan   2016/08/31 4:41 AM
テープled使うと見栄えと光量が出やすいと思いますよ。中華製が激安でオススメです。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.