Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
S88 RFID Decoder の人柱 その3

 ここのところずーとLEDの赤と緑を凝視する状態が続いているS88 RFID Decoder の人柱 その3です。

 さて、やあさんさんから先日新しいアイテムが投下されました。届いたのは変わった形状のRFIDタグです。

 

 ■新たな検証ターゲットのダグ。用途は?です

 左側の米粒の様な小さいものもタグの機能を持っているみたいです。ペットに埋め込んで識別させる用途なのでしょうか?タグをインプラントするなんて昔、SFでUFOに連れ去られたりする話を思い出します。

 そして今一番本命視されているのが右側のクギのような不思議な形状のタグです。ゴルフ用と聞きますがまったくもって用途不明です。こんな形状でも安定して認識するのか形からは想像できませんが、Nゲージの車体には入りそうです。床下にぶら下げるのは3.5×0.8センチメートルほどのサイズなので無理でした。

 まずはRFIDの認識レベルがどれくらいなのかアンテナに近ずけたり、離したりしてみました。米粒タグはかろうじて認識はしますがチョットS88 RFID Decoderの反応が弱い感じでした。サイズは最小なのでこれが使えれば最高なのですが。。

次に、ゴルフタグです。これはやあさんさんお勧めなので確かにS88 RFID Decoderの反応は良い感じです。IDタグと言えばカードやチップ形状を連想しますが、このような杭の様な特殊な形状でも十分な読み取り性能が確保されているところはチョット意外でした。次にタグの車両への組み込みですが、ゴルフタグはNゲージの床下へは太さ的に無理なので、ボディー内に収めることにしました。

 

 ■ゴルフタグは無理なく車両に入れられます

 

 米粒タグはその大きさから床下に装着することも十分可能ですが、今回は検証する方法を少し変えてみたので、クーラの横あたりにテープで仮止めをしてみました。見ためは悪いですが、もし綺麗に収めるなら屋根クーラの中に仕舞い込むのもアリかもしれません。今回あくまで実験なので気にせず進みます。

 

 ■クーラのサイドに装着した米粒タグ

 

 次に検証するためのセッティングですが、前回まではレール下にアンテナを敷く様にしてましたが、今回ゴルフタグを車体内に収めれたのでそれはそれで良かったのですが、この状態ではレール下からのアンテナの距離を考えるとかなり離れてしまいす。あとNゲージには大抵レーラ車に自重をつける重しとゆうものがあります。これは金属のプレートなどが入っていると思いますが、金属は前々回でさんざんハマてRFIDにとっては鬼門です。アンテナの性能を阻害する方向になると思われたので、ここは一つアプローチを変えて、車体の横腹から攻めればいいんじゃないか?と思いました。そこでアンテナ位置は写真のようになりました。

 

 ■車体側面からアンテナをかざします

 

 写真の通りアンテナは車体側面に向けて立てる形にしました。このようにする事で、車体内に収めたゴルフタグとの距離は1センチメートル以内に収まりますし、重しの金属との影響も受ないと思いますので、RFIDリーダの読み取り性能も良くなると思われます。ただしこの形ですとほとんど車体に触るか触らないか車両限界ギリギリまでアンテナを寄せれる反面、車体と接触しない位置を決めるのにかなり神経をつかいました。あと、このままでは銅線のアンテナがむき出しなので見栄えが悪いですが、例えばプラ板で覆って看板柄にしてジオラマアクセサリとして見立てることも出来るかと思います。

 ではアンテナ位置を変更したあとのS88 RFID Decoderの動きをみてみます。

 

 ■S88 RFID Decoderのアンテナをサイドポジションにした場合

 

 時計回りでみて先頭車には米粒タグを装着しています。2番目のスカ色の車両にゴルフタグを入れています。今回モータ車の影響をなるべく受けない様に5両編成と少し長めにしてモーダ車から各タグを離す形にしています。時計回りで走行させるとメータ読みで55Km〜60kmくらいが安定してタグを認識する上限でした。半時計回りは45km〜50Kmあたりが最適な速度でしょうか。こればモーダ車が先にアンテナを通過する影響が少し残っているのかもしれません。いずれにせよ、前回シートタイプのタグで試した時とほぼ同じ速度域までは反応する性能を持っていそうな事はわかりました。

 米粒タグの方ですが、移動しながらの読み取り性能はほぼありません。殆ど停止寸前の超微速度まで落とさないと読み取って貰えませんでした。移動しながらの読み取り色々な面で難しそうです。

 

 ■米粒タグ読み取り時の超低速度

 

 やあさんさんが色々と探してきていただいてテストをしてきましたが、ゴルフタグがNゲージにとっては希望が持てるアイテムだった事は一つの成果でした。今後もこれ以上の物が見つかればRFIDがより使いやすくなってくると思います。

 

DCC | 01:08 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
- | 01:08 | - | - |
コメント
from: MECY   2016/11/22 1:46 AM
トレジャー様
コメントありがとうございます。
お互いで検証した結果が真逆な方向になっているのは不思議ですね。
トレジャー様の仰る通りで速度を実測する速度計の様な物は必要だと思います。
from: トレジャー   2016/11/21 7:53 AM
Nゲージでのタグの実装やアンテナの取り付け方法でMECYさんのアイデアが、凄いですネ! MECYさんと私の進行方向による認識速度の差異は、真反対な結果になっておりますのでモーターとギャーの当たりによる差?との仮説を立てて再度実験を行うつもりです。速度計が必要かも?
from: MECY   2016/11/21 12:23 AM
Yaasanさま。コメントありがとうございます。アンテナはジオラマなどで覆い隠す構造物の中に入れてしまえばいいかなと思います。また何か良いものをご紹介いただければ試してみたいと考えております。
from: Yaasan   2016/11/20 7:06 PM
実験ありがとうございます。直線に置いた方がもっと良さげですよね。隠すならトンネルの中とかも良いと思いました。
4x34mmという、もっと大きいガラス管タグもあるのですが、300円で高いので、ちょっと悩み中です。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.