Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
KATOホビーセンターフェスティバルに行く。

 去る12/18(日)KATOホビーセンターにて開催されたフェスティバルに参加してきました。今回の目玉はなんといっても我がDCC電子工作連合が誇るなごでんさんのMP3サウンドデコーダが密かにパワーして、KATO製HOゲージクモハ40のサウンドデコーダとしてビルドインされるとの事なので、会場の設営と説明員のお手伝いとして参加してきました。

 

 ■KATO本社内のホビセンター2F奥のフロアーでフェスティバルは開催されました。

 

 今回はクモハ40、MP3サウンドデコーダ共まだプロトタイプですが、走行・実演のデモ、開発者であるなごでんさんからの講演などが行われ、充実した内容でした。

 

 ■開会のご挨拶をされる加藤社長

 

 ■いつものごとく、マスコンハンドル運転は子供たちに大人気ですぐ占領されてしまいました。

 

 ■高校生のジオラマコンテストの優秀作品も展示されていました

 

 ■今回の目玉の一つT-Track?上に作り上げられたジオラマも展示されていました

 

 肝心のデモですが、いざフェスティバルが開催されると会場は大勢の人だかりに囲まれて、サウンドデコーダの音がかき消され拾い切れなくなる気がしたのと、会場の立ちんぼ役で忙しくなり撮影する暇もなくなると思いましたので、デモ台設営の途中でMP3サウンドデコーダの音とクモハ40の吊りかけ走行音を撮ってみました。あれやこれや調整作業中の声が混じってますが、吊りかけの加速音やMP3の音はかろうじて聞こえてくると思います。

 

 ■デモ走行レイアウト、外側がMP3サウンドデコーダ走行コースで、内側は自動運転コースです

 

 

 ■マスコンハンドルと連動調整中の様子。加速中の吊りかけ音が聞こえます。

 

 ■MP3からのサウンド(コンプレッサの音?)が聞こえます。

 

 設営中で会場の内の熱気があるため、MP3サウンドの純粋で良好な音は撮れませんでしたが、雰囲気は伝わるかと思います。まだまだ試作中といった感じですが、来春までにはもう一皮剥けたサウンドでお目見えしてくると思われますので乞うご期待です。

 

 

スポンサーサイト
- | 01:24 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.