Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
DSblueboxを組立て→直した その1

 また妙なタイトルになってますが、大方は察しが付くと思います。実はYaasanさんの新作DSblueboxを組み立ててはいたのですが、いつもの事で組み立て工程中にミスが連発し、なんと!作りながら壊し、また直すとゆうめまぐるしい流れをタイトルそのままに書いてゆきたいと思います。

 事の起こりはDSblueboxの完成間際に始まりました。まずは順調にみえた組み立てから。

 まずはキットの確認です。部品数は少なくはありませんが、ハンダ付けで苦労しそうなものはなさそうです。(実は後々リペアで苦しみます)組み立て前に部品表を参照しながら(特に抵抗の仕分けはあらかじめやっておいた方がいい)パーツを仕分けておきました。

 

 ■組み立て前に内容物を確認しました。部品点数はそれなりにあります。

 

 メインの基板に部品表を参照しながら、小さい部品からハンダー付けを行いました。

 

 ■今回鬼門となった電流検出パーツのハンダ付け

 

 ■だんだんと形になってきました

 

 ■最後に背の高いタクトスイッチをつけます

 

 ■メイン基板としては完成?

 

 次に表示装置となるLCDを組みます。ここはピンヘッダをLCD側に付けて、受けの側ソケットはメイン基板に付けました。最後にLCDを被せる形にします。ピンヘッダの凸とソケットの凹みが綺麗にはめ合わせが出来ていればここはOKです。ハンダ付けをしなくても導通やケースとのクリアランスは設計段階で十分考慮されています。

 

 ■LCDとメイン基板の合体し仮組み(横からのLCDとメイン基板)

 

 と、ここまでは凄く順調で、1時間弱で仕上がりました。次にケースを被せる工程ですがその前にスイッチの組み付けとそれに絡んだ処理を行わないといけません。キットの付属品にはケーブルがありますが、両端がピンヘッダ接続用なので、ここはスイッチ側の接続をハンダ付けするなりして各自工夫してなんとか接続しないといけません。

 本当はスイッチ側のターミナル形状に合う様なこんな感じの端子にケーブルの端を付け替えておくのがいいかな?と思ったのですが、わざわざ買いに出るのもおっくうだったので、安易に抵抗の先を切り落とした際によく出るハンダ線の余りを流用してしまいました。実はこの安易な選択がこの後の不幸の始まりです。

 

 ■こんな安易な加工が不幸のどん底へいざないます。みなさんはマネしないように!

 

 もうこの段階ではほとんど出来上がりの気分で油断していたんですが、今になって考えると非常にあぶない状態です。主電源のターミナルがむき出のまま、しかも突起物が飛び出してます。もしこれがスイッチONの時、メイン基板のどこかに触れでもしたら大変です。作っている段階では一応ケースを被せたときの高さのクリアランスを考えターミナルを曲げて逃げを作る想定で加工していたので、自分としては「完璧!」と思ってはいたのですが、ケースを完全にはめ込まない状態で電源をONしたままLCDの光量を調整する工程でどんな事が起きるのかまでは十分に考慮していませんでした。LCDの光量の調整はケースをはめ込んだ状態ではできません。どうしてもケースを半開きにした常態でメイン基板に付けた半固定VRをいじる必要があります。この時に十分な絶縁処理をしないままケースが浮いた状態で裸のままのターミナルが基板のどこかに触れたとしましょう!その瞬間が何が起こるのかはみなさんの想像におまかせします。事の顛末はあとからわかってきますが、この様な訳で何も気付かず組み立て中に壊していました。

 LCDの調整中はー瞬だけ起動時の表示が見えてすぐに何も表示しなくなました。おかしいと思いスイッチをON・OFFしても何も表示一つせずうんともすんとも動かなくなってしましました。このとき始めて何かの拍子に壊してしまったんだろとか?と気が付き愕然としました。

 

 ■完成間際にむなしく何も表示をしなくなったDSbluebox

 

 次回はこの絶望的な状況からいかに生還して来たか?をご報告したいと思います。

 

DCC | 15:53 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
- | 15:53 | - | - |
コメント
from: MECY   2017/02/06 10:24 AM
Yaasanさま
コメントありがとうございます。その節はお世話になりました。手抜きをせず、メインスイッチのターミナルを絶縁処理しておけば何事なかったと思います。お騒がせ致しました。今のところ被害はAVRマイコンと電流センサーICに留まっているみたいです。他のパーツのライフがどのくらいかは今後の使い方次第と思っております。

from: Yaasan   2017/02/05 9:58 PM
その2が出る前にネタバレかもしれませんが、12vが5Vラインに運悪く接触したんですね。一番接触面の大きいGNDに落ちるケースが多いので、その割になぜICが壊れるのか腑に落ちなかったのですがなるほどですね。
5V耐圧のICに12Vかければピンが確実に故障ですね。

7805、LCDもダメージはそれなりにあるはずなので、力尽きた時はそちらも交換してやってください。元気に動いているならそのままで今は問題ないと思います。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.