Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
クモハ41&クハ55にDCC MP3 サウンドデコーダを入れてみる(その1)

 いよいよ待望のKATO Hoゲージ「クモハ40」が発売されました。みなさんもお買いになられましたでしょうか?ただ「クモハ40」は発売スケジュールが少し後ろ倒しになっていたので、スケジュールどおりに発売されたのは「クモハ41&クハ55」だったと思います。MECYは待ちきれず、先に発売された「クモハ41&クハ55」を買ってしまいました。この「クモハ41&クハ55」は1両単行で走る「クモハ40」のような両運転台ではなく、二個一で一組の片運転台です。そして「クモハ41」はモータ入りの動力車で、「クハ55」の方は引張られる方トレーラ車の構成になっています。まあ実物も動力は「クモハ41」だったと思うので、忠実な組み合わせだと思います。そしてMP3 サウンドデコーダを入れるのであれば「クモハ41」に目が向くのは自然な流れだと思います。以前Yaasanさんが試作品にMP3 サウンドデコーダを搭載していましたが、両運転台と片運転台の違いだけで車体の構造はさほど違わないと思いMP3サウンドデコーダでDCC化にチャレンジしてみることにしました。まずは分解して本体の構造を確認してみました。

 

 ■試運転もロクにしていないのにいきなり分解してしまいました。

 

 ボデーを外してみたところDCC用の8PINはありますが、どうやらモータ経路しか対応していないみたいで、ライト回りの構成も確認してみたかったので、更に車体のモータ側のカバーも外してしまってます。やはりライト経路は銅版で直結されているらしく、8PINでは配線回りが対応できない事がわかりました。

 

 ■モータ側のカバー裏側

 

 ここで悩みどころです。このライト用の銅版はボデーを被せた時にライトユニットとピッタリ合うように設計されているみたいなので、単純に突き出た銅版からDCCデコーダへの配線は単純には出せません。絶縁処理など工夫しないとダメみたいです。ただテープで絶縁するのも今一いけてない気がしたので、まずはこのライト系の銅版をとってみました。

 

 ■ライト系の銅版は簡単にスルット外れました。

 

 で、とってしまったのでこの状態になればライト基板とレールからの給電は分離されるので、ライト基板にデコーダ側のライトコントロールの端子なりを配線することは出来る様になります。ただ悩ましいのはライトユニットに配線を通す逃げがないくらい車体本体とキッチリ設計されているので、細ーいリード線なりエナメル線でやるしかないかなと思いました。

 しばらくどのように配線処理しようか考え込んでいたところふとひらめきました。Nゲージ用になりますが、集電シューとゆう部品があるのを思い出して、これを使ってみようと思いました。

 

 ■部品箱から探してきた集電シュー

 

 なんとも似たようなよさげな形状をしているじゃないですか?この集電シューの片側を開いてまっすぐに一旦のばして、ライトユニットの逃げになるようにL字型に曲げなおしました。

 

 ■手曲げ細工をした集電シュー。上が原型で、下が手曲げ後

 

 ■本体のモータカバにはめ込んでみました。

 

 ■ライトユニットとの逃げもOKですんなりはまりそうです

 

 あとは突き出た銅線の耳にハンダ付けするなり、ソケットにするなりご自由になります。今回はひらめきつつ作業していたので、Nゲージにパーツの流用〜改造をしましたが、そのままパーツを使うのも高くつくと思うので、細めの銅版があればそれを折り曲げてしまった方が安上がりかと思います。いっそのことKATOさんでDCCオプションパーツにして欲しいところです。あと「クモハ41」は片側だけでこの対応は済みますが、「クモハ40」は反対側も対応する必要はあると思います。

 懸案のライト系の配線回りがなんとかなりそうなメドが付いたので、いよいよ本丸のなごでんさんの「MP3 サウンドデコーダ」を組み付けます。このデコーダはKATO向けの試作品で今後デコーダやスケッチの機能や品質確認をするため特別に提供していただ物です。Ver4.5的な位置付けでしょうか!?貴重な物なのでショートなどを起こして潰さない様にしないといけません。取りあえずモータ系の8PINソケットにあわせてピンヘッダを利用した配線ー端子を作りデコーダを載せてみました。

 

 ■お初な搭載なのでここは試行錯誤しながら工夫します

 

 ■8PINを介してデコーダを載せてみました。ライト系はF1 F2端子から引き出しています。

 

 スピーカについてはなこでんさんのブラックキューブが基本推奨ではありますが、色々なスピーカで音質を聴き比べたいので、今回は少し大きめな物をルーフに貼り付けました。

 

 ■長方形の大きめスピーカをセレクト。(まだエンクロージャなどは付けていません)

 

 最後にボデーを被せます。気になっていたライト回りも銅版も上手く逃げが効いているようで、どこも干渉することもなく綺麗に収まりました。

 

 ■MP3 サウンドデコーダ搭載完了

 

 MP3 サウンドデコーダを搭載できたので、軽く試運転をしてみました。今回組み付けに気を使ったライトの制御は問題なく機能していました。

 DSblueboxで動かしているので、操作ボタンのポコポコ音が入ってます。

 

 ■クモハ41の試運転 MP3サウンドと吊り掛け音

 

 ■クモハ41の試運転と吊り掛け音(ノッチオフ)

 

 

 デコーダの搭載は上手くゆきました。まだスピーカにエンクロージャの処理や調整などはしていなので、迫力のある重低音は出ていません。これからスピーカ回りの取り付け等色々試して、いい音が出せる組み合わせを模索してゆきたいと思います。

 

 次回はお供になるクハ55のライト回りのDCC化編です。

スポンサーサイト
- | 01:49 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.