Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
クモハ41&クハ55にDCC MP3 サウンドデコーダを入れてみる(その2)

 前回に引き続きクモハ41&クハ55にDCC MP3 サウンドデコーダを入れてみるの2回目です。今回はクモハ41のお供になるクハ55編です。クハ55は片運転台のモータ無いいわゆるトレーラ車です。必然的にライト、テール等の点灯類をDCC化することになります。まずは車体構成を確認するためボディーから外してみました。しかしいざ外しはしてみましたが、チョット困った事がありました。クハ55にはクモハ41に装備されていた8PINソケットがありませんでした。

 

 ■クハ55の外観です。

 

 ■ボディーを外してみました。そこにあると思っていたものが..

 

 ムム..あると思っていた8PINソケットがないとなると、8PINでポン付けとはいかないので、車体をさらにバラしてゆきます。トレーラ車となると、モータ車とはまた取り付け構造が微妙に異なっていてネジ止でした。ドライバーで外してゆきましたが台車を止めているネジも噛んでいたので、結局台車も外すことになりました。

 

 ■車体本体をバラしてみました。ついでにライトユニットの銅版も外しました。

 

 ライトユニット周りはレール給電のラインから分離させるため、前回のクモハ41と同じ作戦で進めます。今回はNゲージ用の銅版を利用してみました。

 

 ■Nゲージの汎用的な銅版を適当にカットしてライト用に曲げて加工しました

 

 写真上がオリジナルのNゲージの銅版です。これを4分割にしました。右下がライトユニット用に曲げています。左下のL字型のものはレール側の給電用として利用しました。車体の中間点に切れ込みがあったのでこれをガイドにして車体内部にリード線を引き出せるターミナルとしています。

 

 ■DCC用の引き出し加工部分(ライト側)

 

 ■DCC用の引き出し加工部分(レール給電側)

 

  ライト用のデコーダはNuckyさんのFLデコーダにしますが、ライトのDCC化だけでは芸がないので、ここは一つ伝家の宝刀ドッチーモアダプタも載せてみました。

 

 ■NuckyさんのFLデコーダにドッチーモアダプタのコラボ

 

 HOゲージに初めてドッチーモアダプタを搭載してみましたが、スペース的には余裕しゃくしゃくで、安定してDC/DCCを切り替え、ライトを光らせてくれます。

 

 ■ライトONでドッチーモの青赤の怪しい輝き(DCC時)

 

 ■テールライトON(DCC時)

 

 これでクモハ41に続いてクハ55もDCCとドッチーモ化までできました。次はクモハ41にドッチーモでも付けてみましょうか。

 

 

スポンサーサイト
- | 02:06 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.