Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
DD51[Hoゲージ]にMP3サウンドデコーダをがんばって入れてみる

 先日、電子部品を買ったついでに鉄道模型の中古専門店に久々に立ち寄りました。以前は良く気まぐれでヘンテコなNゲージ車両を買っていましたが、ここ最近はHoゲージの新品ばかり買っていたので、無駄な出費を抑えるべく足が遠のいていました。特に買うつもりもなく、「なーに見学だけ」と思っていましたが、お店に入ったと途端ワゴンコーナに目がクギ付けになっていました。そこにはHoゲージのジャンク車両が無造作に置かれていました。「Hoゲージのジャンクかーこの手のお店ではめずらしなー」と思いつつ、気が付いたら1両の車両を手に握りしてめていました。「ああ!また無駄な物を!」と思いましたが北斗星色のDD51だしNゲージの新品より値段が安かったので、取りあえず一か八か動けば、「DCCの試験車両としてあとは何かに活用できるさー」と自分にいい聞かせながら帰途につきました。

 早速、戦利品の物の確認とシャレこみましたが、外観はそれなりにくだびれていましたし、ライトも片側はつきませんでした。

 ■DD51のジャンクです。値段なりの程度です。

 

 でもモータは特に異常がなく走ったので「まあジャンクだしこんなものか」と思いました。ボデーの汚れをふき取りながら、眺めていると「エンジンルームのサイズ、MP3サウンドデコーダにぴったりかも?」と思えてきました。早速本体を分解してみました。KATOのDD51(Ho)は、はじめからDCCの8PINに対応していて、サウンドデコーダも組み込める前提で設計されているDCC対応機の様でした。スピーカを収めるためのホールも下回りにありました。こうなるといよいよチャレンジしたくなります。ですが元々市販のESUの様な高級で小型なデコーダを前提としている車体構造らしく、なごでんさんのMP3サウンドデコーダを入れ込にはそこそこの工作というか工夫は必要そうでした。

 

 まずデコーダを入れたい側のエンジンルームにあるウェイトはデコーダのスペースを確保するため取り外しました。代わりにデコーダを載せるための台の様な物をプラ板で自作しました。とにかくモータの継ぎ手と台車の干渉を逃がせれば良かったので、サイズ特に気にせず現物併せで作りました。

 あとデコーダを載せる側のライト廻りはオリジナルの導光材では干渉してしまうので、ここも自作のライトレンズを作りLEDを直付けにしました。

 

 ■ウェイトを取り外して、代わりに自作のプラ版の枠にサウンドデコーダを渡す感じで載せています。

 

 スピーカですが、16mmのくらいの円形スピーカが合いそうな穴は元から開いていたので、ここにブラックキューブを押し込む事にしました。ただそのままではサイズが合わないので、エンクロージャの四隅を少しカットしてスピーカホールに収まるサイズにしました。

 

 ■口径はぎりぎりですが、がんばればブラックキューブは入ります

 

 配線の取り回しや、デコーダを渡す自作の台と台車廻りとのクリアランス調整に手間がかかりましたが、なんとかMP3サウンドデコーダが収まりました。

 

 いつもの往復だけの動画ですが、スピーカが外側にむき出しになっているので、以前キハ10に組み込んだMP3サウンドデコーダと同じスケッチと音量なのですが、その時より音が響く感じで走ってくれました。

 

 

 センターキャブのディーゼル機関車系もHoゲージなら頑張ればMP3サウンドデコーダでも入る事がわかりました。だだ貧乏性なので新品を前にして、この様な作業をやる勇気はまだまだありません。

 

スポンサーサイト
- | 16:32 | - | - |
コメント
from: MECY   2017/04/14 9:22 PM
フジガヤさま
ディーゼル音に御指南ありがとうございます。
試してみます。

DE10中身は見てないのですが、サイズ的にはMP3デコーダが入りそうな予感はします。
from: フジガヤ2   2017/04/14 1:10 AM
DD51かっこいいですね。私は6月再販のDE10を予約しておきました。
ディーゼル音の遷移を遅くする方法ですが、
VVVF_sound.cppの
void VVVF_Cont(int inPWMFreq)関数内の
下の方のnspeed += 15の15を全て7とかに小さくすれば遷移が遅くなります。この関数は33msごとに呼ばれますので、現状1.5秒ぐらいで音が遷移しているかなあと思います。

from: MECY   2017/04/13 7:59 AM
あやのすけ様
コメントありがとうございます。
ブレーキ音、参考にさせていただきます。
from: あやのすけ   2017/04/12 7:43 PM
イイ感じですね!
速度によって、ファンクッションボタンを押してると思いますが、
http://dcc.client.jp/e7_mp3.html
に載せましたが、

Speed変数を使って閾値をもうけてMP3を鳴らす様に作り込むとと良いかもです。

if ( Speed >= 10) // ブレーキ音発生イベント検出
speed_state = 1;
if ( Speed <= 9 && speed_state == 1){
speed_state = 2;
mp3_set_volume (gCV58_MP3_Vol);
delay (10);
mp3_play (9); // ブレーキ音
}

コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.