Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ディーゼルサウンドに更なるギミックを

JUGEMテーマ:鉄道模型

 前回HoゲージのDD51に無理やり感満載でMP3サウンドデコーダを搭載してみましたが、やってみると割りといい音がしていたので、気を良くして更に音のギミックを仕込んでみました。やったことはサウンドのミキシングマスタ「フジガヤさん」とギミックマスタ「あやのさん」(すいません勝手に命名しました)から頂戴したコメントを参考にディーゼル音のチューニングとMP3ブレーキ音のスロットル連動と、あとは自分で昔撮ってあったDD51のタイフォンが見つかったのでこれもMP3の音のラインナップに加えました。

 

 まずディーゼル音です。フジガヤさんのコメントをみると

----------------------------------------------------------------------------------------------
ディーゼル音の遷移を遅くする方法ですが、
VVVF_sound.cppの
void VVVF_Cont(int inPWMFreq)関数内の
下の方のnspeed += 15の15を全て7とかに小さくすれば遷移が遅くなります。この関数は33msごとに呼ばれますので、現状1.5秒ぐらいで音が遷移しているかなあと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------------

とあります。ディーゼル音のスケッチは3段階の加速と減速の音源とアイドリングの音源が用意されていて、これをVVVF擬似音の絶妙な仕組を駆使してミキシングされています。これでディーゼル音独特のエンジンが吹け上がる感じが再現されているのですが、現状はコントローラの開度に応じたディーゼル音の追いつきが早い感じがするので、上記の様にする事で更に少し遅れて追いついてくる感じに調整しようと試みます。

 

 スケッチを変更した箇所です。+= 15→ += 5にしてみました。ここはMECYの好みです。

ディーゼル音が更に2秒程遅れて追いついてくる想定です。

 

 次にあやのすけさんのコメント

----------------------------------------------------------------------------------------------

速度によって、ファンクッションボタンを押してると思いますが、
http://dcc.client.jp/e7_mp3.html
に載せましたが、

Speed変数を使って閾値をもうけてMP3を鳴らす様に作り込むとと良いかもです。

if ( Speed >= 10) // ブレーキ音発生イベント検出
speed_state = 1;
if ( Speed <= 9 && speed_state == 1){
speed_state = 2;
mp3_set_volume (gCV58_MP3_Vol);
delay (10);
mp3_play (9); // ブレーキ音 
}

----------------------------------------------------------------------------------------------

このコードはあやのすけさんがMP3サウンドデコーダV4で実装されていて動作の実積もあるので、ほぼそのまま入れ込むことにしました。

 

 

 ついでになごでんさんから汽笛も鳴らせたどうか?とのご意見も頂いてましたので、昔、最初で最後の北斗星に乗った時に撮って残っていた動画からDD51の音を取り出しましたので、これも発車の合図として追加してみました。

コードの動きとしては上段はスロットルを閉めて速度9以下でMP3のブレーキ音が鳴る感じです。下段の方はスロットルを開け始めて速度6以上でMP3の汽笛が鳴る想定です。

 

 今回はスロットル全開まで加減速を試したかったので、狭い部屋ですが無理やりループ線を引き爆走させました。

 

 

 最後におまけですが、フジガヤさんが本物のDD51の音を聞いたことが無いとのことなので、今後のサウンド開発の期待も込めてMECY北斗星乗車記念時の動画をご覧ください。この動画、音がデカイのでボリュームは控えめでご注意ください

(変な動画編集ソフトを使って編集したら妙な字幕が入ってしまいました。音だけを聞いてください。お見苦しく申し訳ありません)

 

 フジガヤさま、あやのすけさま、アドバイスありがとうございます。ポンコツだったジャンク車両が生まれ変わってホビセンフェスに最適かもしれない!?デモ車両ができ上がりました。

 

 

スポンサーサイト
- | 22:31 | - | - |
コメント
from: MECY   2017/04/18 3:27 PM
あやのすけ様
楽しい音作りのヒントありがとうございます。
Nゲージだと軽いので、ブレーキ音のタイミングを取るのは難しいそうですね。
HOゲージだと重多少いのか、滑走する時間ががあるので、タイミング取りは割と合わせ易いみたいです。
from: あやのすけ   2017/04/17 10:48 PM
お、汽笛も面白いですね!
ブレーキ音は新幹線もそうでしたが、音に合わせて運転する必要がありますw
from: MECY   2017/04/17 8:06 PM
フジガヤさま
そうですね!ジョイント音、聴こえてくるポジションやタイミングも?かもしれませんが、そもそもがDD51は 6軸なので、実際はもっと小刻みに聞こえてくるハズですね!さすがにジョイント音の使いまわしは嘘っぽいでしょうか?
from: フジガヤ2   2017/04/16 11:46 PM
すごいかっこいいです。
 ブレーキは吊り掛けスケッチの方にも入れてしまおうかと思いました。
 ところで、ジョイント音はCV48:0で消せると思います。
電車の運転台を想定して作っていましたが、DD51だと運転席真ん中なので違うんじゃないかなあと気になりだしたもので。
(気分的な問題ですが)
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.