Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ドッチーモが12V以上で使えるか試してみた

 手持ちの在庫も無くなって今更ですが、ドッチーモアダプターの限界を考察してみました。”何の限界?”と言いますとDCCパルス電圧の許容の上限です。日本でよく使われている(どれ位DCCをやられている方がいるのかは不明ですが・・)DCCの機材は’Disktopstaition’や’Digitrax’などが主だと思います。そしてこれらのコマンドステーションが流すDCCパルス電圧は大方±12V近傍だと思います。ヒデロンさん曰くドッチーモアダプターもこの辺りの電圧を基準に設計したとの事なので、推奨は±12Vとしていますが、まれに±16V位は大丈夫?と聞かれる事があります。コマンドステーションは±12Vしか出さないのになんで±16Vなんて高めの電圧を気にするのだろうと思っていましたが、ヨーロッパで広く普及しているDCCは16V位の高めの電圧で利用するコマンドステーションが当たり前らしく、おそらくは想像ですが、ヨーロッパ型のシステムやデコーダを使われている方が16Vの使用可否を確認してくるのだと思います。そこで今回16V近傍でドッチーモアダプターが機能するか実験してみる事にしました。

 しかしこのために超高価なヨーロッパ型のLenzなんて買えませんので、それ相応の電圧を出力するDCアダプタをDSoneに繋いで、やってみる事にしました。用意した電源はPC用の電源みたいで、ハードオフのジャンク箱から見つけた物です。OUTPUT:15V/2Aがラベルから確認できます。これをDSoneの電源として、レールに流れる電圧を見るだけ君で簡易的に確認してみました。

 

 ■今世間の話題沸騰中の東芝製 PC電源

 

 ■みるだけ君はレールに流れる電圧を表示してくれます。(液晶がまぶしいのでコントラストを調整してます)

 

 みるだけ君の電圧表示は15.5Vを表示してます。大方15VのDCCパルスがレールに流れているのが確認できました。

この状態でドッチーモを搭載した車両をレールに乗せて、ドッチーモのリレーがDCC回路側に切り替わるかみてみまました。ドッチーモ上にある青と赤のLEDが点等すればリレーがDCC回路側に切り替わっていることが確認できます。

 

 ■特に問題なく15.5VのDCCパルスでもドッチーモのリレーが正常に切り替わりました

_

 

 ■軽く試運転をしてみました。車載デコーダは幻のスマイルデコーダです

  コマンドステーション電源のON/OFFを繰り返してもドッチーモは安定してDCCの信号を受けてデコーダ側回路を開く動作

をする事が確認できました。

  今回の実験でドッチーモは15.5Vでも問題なく使えることが改めて確認できました。正直ドッチーモの利用電圧の限界はどこまでなのか産みの親のヒデロンさんに確認してみましたが16Vまでの使用で抑えておいて欲しいそうです。これ以上の電圧になるとリレーが焼けて持たなくなる懸念があるみたいです。(動作の保障はできません)

 海外では実際にDCCを18V位で使用する例もめずらしくないみたいですが、そんな耐圧の高いデコーダは持っていませんのでこれ以上は確認しない事にします。ドッチーモをご利用にみなさま、DCCの電圧は程々に・・でお願いします。

 

 

※速報です

 Newなドッチーモアダプターが出来上がったみたいです。

 

スポンサーサイト
- | 21:08 | - | - |
コメント
from: ひでろん   2017/06/23 5:33 AM
Yaasan様
現在、DCCで16V以上は想定しておりません。国内向けですね。
 コンデンサは25V品
 リレーの最大電圧が18V
であり、回路上DCC電圧16V以上かけるとリレーにかかる電圧が18Vを超える可能性があります。
今回は実力値の実験でしたが、通常使用はお勧めできないです。
35Vのコンデンサはちょっと大きくなるので、Nゲージの車体に2個入れるのはちょっと面倒になり採用したくなかったという理由もあります。
今回は実験結果は、電流を流しているので、リレーの電圧が限界まで上がらなかったことと、実力があったので大丈夫だったと思われます。(さすが日本メーカー)
ちなみに耐圧強化版は上記理由もあり、違うやり方にした方がよいと思っています。


from: Yaasan   2017/06/21 9:06 PM
回路上では、以下のポイントで机上設計します。

・コンデンサの耐電圧は2倍近くを確保する(25Vか35Vのコンデンサを使っているか?)
・リレーに流れる電流が、リレーの最大絶対定格の電流値を超えていないか(途中の抵抗から電流を計算する)

ドッチーモの回路構造的にアナログ時は特に気にすることはないですが、DCCの時はもろに影響するのでちゃんと計算して、机上では問題がないことを確認しないといけないです。

目標としては10〜18Vの範囲に十分入れば問題ないと思います。欧州は、メルクリンが19Vですが、DCCだと16Vの方が多いです。うちのコマンドステーションは、メルクリンも考慮して20Vまでは確実に問題がないように部品選定をやってます。なので耐圧は最低でも35V以上のものを選定してます。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.