Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ドッチーモツインを試してみた その2 プラスα

 前回は出来たてホヤホヤのドッチーモツインをクモハ41のドッチーモ2個使いとゆう荒業から換装させて、ライト廻りがDCC/アナログモードで切り替えられて正常に機能している事を確認しました。今回は自走させてみてモータ系、ライト系ともに切り替えが機能しているか確認してみたいと思います。そしてついでではないですが、MP3サウンドデコーダの吊り掛け駆動音も自分なりのアレンジで吊り掛け音に艶(MECYが勝手に思い込んでます)を加えてみたので、そこも走らせてみてどのように聴こえるか、歳とともに確実に衰えているであろう我が耳でなんとか音の違いでも確認しようかと思います。

 

 ドッチーモツインについては前回から装着関連で特に変わったところは無く、室内灯用のLEDの電源ラインをドッチーモツインから取る様にしたくらいです。ヒデロンさんLEDの電源取り用に忘れずにシルクを付けてくれたので、その通りに+と−にLEDを配線しました。一応注意点としては、ドッチーモツインからLEDなどの電源を取る場合は24V以上の電圧が掛かるので、必ず12V以下まで降圧する様に制限抵抗を(500Ωー1KΩ以上のもの)を噛まして調整してください。(高圧の電源になりますが上記の様に工夫すれば室内灯の電源に利用できます。)

 

 ■ドッチーモツインで電源を取るところ+と−極が決まっているので使う場合は十分確認を

 

 あと吊り掛けサウンドですが、以前に版元のフジガヤさんが丁寧なスケッチの解説を載せてくれたので熟読し、さらにスケッチを目を皿のようにして見渡し、スケッチに手垢を(MECYの悪い癖)つけて自分好みの音色にアレンジしてみました。

 まず吊り掛けサウンドを作りだしている”VVVF_sound.ccp”ファイルです。330行目で吊り掛け音を出していると思うのですが、色んな音色の組み合わせをフジガヤさんが試されている痕跡が沢山残ってます。現在リリースされている吊り掛け音のスケッチは330行目が有効なのですが、MECYはその下の331目のもっと沢山の音色が出せそうな予感のする設定に切り替えてしまいました。ここを切り替えると若干吊り掛け音が広がったような音質に聴こえ方が変わりました。あと何故かわかりませんが、MP3の音の調子も良くなり、CV58のボリューム設定を24→28に替えても音割れが殆どしなくなりました。

 

 ■ちょこっつとイタズラ気分で自分なりにアレンジです(但し為さる場合は自己責任です)

 

他は"kasoku.h"です。ここはCV47で番号を設定することで、吊り掛け音だけでなく本家VVVFのモーターサウンドを出し分ける、VVVF擬似音のキモな数値の羅列ですが、ここもちょこっと触りました。狙いは吊り掛け音の周波数設定をオリジナルから若干ズラしたりして低中音をミックスして、多重な音で吊り掛け駆動特有のガリガリ音の雰囲気をより再現できないか?と思いました。ただしここをあまり大胆に変えるとただの甲高い騒音になってしまったりするのでほどほどにしておきます。オリジナルの吊り掛け音設定(CV47:0と1)をコメントアウトで無効化し、MECY勝手設定にしてみました。0番目は中音域のミックス、1番目は低中音域のミックスの味付けのつもりです。

 

 ■ちょこっつとイタズラその2です(但し為さる場合は自己責任です)

 

他、たまに鳴っているコンプレッサーの音はMP3でならしています。元音源は自分で撮った札幌市電の音です。

 

雑踏がわずかに入ってますが、お好きな方はどうぞ ・コンプレッサー音

 

それではみなさん本題のドッチーモツインが正常に動いている事を忘れずにご覧ください。

 

 ■CV47:0番目をMECYアレンジにした吊り掛け音(中音ミックス)

 

 ■CV47:1番目をMECYアレンジにした吊り掛け音(低音ミックス)

 

 ■CV47:2番目 吊り掛け音(オリジナル)

 

 ■ドッチーモアナログ運転

 

 今回のお試しでヒデロンさんの傑作がまたまた誕生したドッチーモツイン!みなさんよろしくお願いします。

 

スポンサーサイト
- | 12:39 | - | - |
コメント
from: MECY   2017/07/09 10:39 AM
fujigaya2 さま
コメントありがとうございます。
ドッチーモのアナログ運転の動画はスロットル全開で新幹線並みのスピードになってますが、本来は低速で繊細なコントロールが効くのが売りなんです。
VVVF擬似音から吊り掛け駆動音風に音を出すために相当なご苦労をされていた事がコードから十分伝わりました。
from: fujigaya2   2017/07/08 11:11 PM
 ドッチーモのアナログ運転は当たり前ですが、アナログらしい高速度になっていますね。
 あと、吊りかけ音部分の解説ありがとうございます。いろいろ試行錯誤したことを思い出しました・・・。
(現状のスケッチの物はVVVF側もそれなりになるように調整しているので、吊りかけ音の本気のものはコメントアウトしているどれかだったと思います。)
 
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.