Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ディーゼルサウンドのON/OFFを再考

 なごでんさんがリリースしているMP3サウンドデコーダのディーゼルサウンドですが、ディーゼルサウンドそのものチューニングはMECYのお好みに出来たのでもうやり尽くした感と自己満足ですでに過去の出来事にしていたのですが、ここ最近大人には聴こえないけどモスキート音を解消?がきっかけでディーゼルサウンドに再び手を入れることになりました。

 今回手を入れたところはディーゼルエンジンサウンドの音を停止させる方法です。ディーゼル車は電車と違い停止中でもエンジンは停止せず、アイドリングのゴロゴロ音を常に出しています。これはディーゼル車の特徴でもあるのでずーとゴロゴロと鳴っていて欲しいものですが、いざ音を止めたい、消したいとなると厄介なもので、電車のモータ音の様にスケッチをちょいと工夫してアクセルや速度条件から音を止める制御などは上手く利きません。そこで現状のディーゼルサウンドのスケッチではCV47のディーゼル音量のレベル切替部分を利用して簡易的にディーゼルサウンドを止めるようにしていました。(CV47:2とかにすると音が出なくしていた)ただこの方法だと、CV値を入れなおさないいけないとか、他の市販メーカのサウンドデコーダの様にファンクションでON/OFFする方法と違うので一般的でなく、使用上違和感があるなどの不満の声が持ち上がるのは重々承知していました。MECYもどーしたものかの〜?とのん気に構えてました。しかしながらCV値をあまり変更しないで利用する方もいると思いますし、CV値の変更もコマンドステーションによっては相性があるみたいなので、あまり頻繁に変える事はトラブル誘発のリスクも抱えることになります。なのでここは一念発起して、ファンクションからのアクションでディーゼルサウンドがON/OFFできないか再考することにしました。

 ただディーゼルスケッチにはMP3用のライブラリがあるので、コマンドステーションから出されるファンクション信号でMP3の音を制御するのには向いていますが、マイコン側へは直接の制御はそのままでは出来ないので、VVVF擬似音などはこのままではファンクションをいくら叩いても何も起こりません。今まではここをどうするか難しくてディーゼルサウンドのON/OFFに手をつけていなかったのですが、今回色々ない知恵を絞って考えた挙句、ファンクションキーを”押す/押さない”の条件分岐の中に、ディーゼルサウンドのON/OFFをCV値で切替えるコードを無理やり入れ込んで、ファンクションキーを”押す”時はディーゼルサウンドがOFFになる様な適当なCV値が一時的に設定されてエンジン音が出なくなり、また逆にファンクションキー”押さない”時はディーゼルサウンドがONになる様に元々のCV値をセットする様な動きをする細工を考えて入れてみました。

 

 ■ファンクションキーのF3部分を大胆に改造

 

 あと隠れ機能ではないですが、元々MP3用のON/OFFスイッチなのですからこれと連動する形でMP3にエンジン始動音を入れておくとファンクションキーを解除(エンジンサウンド=ON)にした時にエンジンが掛かった感じも再現できる様にVVVF擬似エンジン音に時間差(5秒程度)を入れてみました。

 

 F3キーの”押す/押さない”で、”エンジン音OFF/エンジン音ON”の動作確認

 

 動画では見ずらいかと思いますが、F3を押した時はエンジン音は出なくなります。エンジン音が出てない時、F3を解除すると再びエンジン音が鳴り出します。動画では起動音風にしていてMP3の音源から始まって、VVVFのエンジン音につなげていますが、若干繋がり部分が不自然なのは音質の違いなのでご勘弁を..

スケッチはまだ実験段階のものですので、なごでんさんの審査が通りましたら次期Revに盛り込まれるかもしれません。

 

 今まで出来て当たり前だったファンクションキーからのエンジン音のON/OFF機能が取り合えずなんとかなりそうな感じになりましたので、ずーとのどに刺さっていた棘が取れた気分です。

 

スポンサーサイト
- | 03:05 | - | - |
コメント
from: MECY   2017/07/19 7:48 PM
フジガヤ2様
コメントありがとうごさいます。
F3でエンジン音を起動しないと走らない!?
->出来そうな気がします。
ただ、今想定外の事態が起こってまして、これは悲運のスケッチになるかもしれません。
しばらくお待ち頂けたら幸いです。
from: フジガヤ2   2017/07/17 10:11 PM
どんどん頭の良いデコーダになっていきますね。
Functionの処理部分に5秒Delay入れているので、
本物同様に起動時はすべての操作を受け付けない仕様ですかね。
 この際、F3でエンジンを起動しないとモーターも回らない本格仕様にしたら・・・、難しすぎて混乱しそうですね。なんで動かないんだ!ってパニクリそうですし。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.