Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
DSシールドを試す

 前回はDSシールドを組み立てるまで進めましたが、今回はスケッチを中華UNOに書き込んで、DSシールドから車両を実際に動かしてみました。試してみたスケッチはDSOneベースAnalog対応のスケッチです。DSCmdrArduinoの方はまだ発展途上の様ですので、割愛しました。

 走らせる車両は初代ドッチ−モ号です。(一部ノーマルなアナログ車両も走らせます。)

 

今回はくどくどした説明は抜きにして論より証拠、動画をご覧ください。

 

 ◇DSシールドのスケッチ書き込みから始めて、アナログスケッチで動かすまで一気通貫でやってます。

 

 ※動画では分かりづらいかもしれませんが、DC(アナログ)スケッチで書き込み後はDesktopStationSoftwareからは車両アドレスを3にして操作しています。

 

 スケッチを入れ替えることでDCCコマンドステーションにもアナログコントローラにも変化する、今後DSシールド幅広い応用が期待できそうです。

DCC | 00:29 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
- | 00:29 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.