Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
猫屋線を電鉄にする

 猫屋線のパッケージを見ていていつも不思議に思っていたのですが、富井電鉄猫屋線と書いてあります。ですが猫屋線のライナップはどれもディーゼルか客車しか今のところはありません。架空鉄道なのでパッケージのネーミングなんてどうでもいいところですが、電鉄と書かれているなら電車もあってもいいだろと思いまして、気動車→電車へプチ改造してみました。

 改造のポイントはパンタグラフを載せただけです。

パンタグラフはナローゲージ用で手頃なのものが入手できそうにもなかったので、KATO-HOクモハ40のパンタグラフを流用してみました。HOゲージサイズのパンタグラフですがNゲージと比べ意外に高かったです。オール金属製でしっかり作られているので妥当な値段だとは思いますが、2個パーツ入りで2500円もしました。(クモハ40のパンタグラフ交換用で2個もいらないと思いますが・・)

 つけ方は適当です。屋根の手頃な位置にパンタグラフを固定する穴をくりぬいてネジではめ込んだだけです。ただそのままだとパンタグラフが浮き上がった感じで納まりが今一なので、プラパーツのランナーの端こをカットして、パンタグラフの台座ぽく置いてみました。

 他はヘッドライトを点燈させたかったので、KATOのNゲージ用パーツで旧型電車用のヘッドライトに付け替えてみました。

 

 ◇お手軽改造でパンタグラフを屋根に載せただけですが元ディーゼルカーが不思議と電車に見えてきました。

 

 お約束ですが、なごでんさんのSmileDecoderR6n試作版でDCC化しました。吊りかけ音を奏でるナローの電車もなかなか味わいがあります。

 

---------------------------------------------------------

2017/12/03 追記

 

 ◇出来立てほやほやの電車猫屋線を外に持ち出してノビノビと走らせてみました。(神奈川県某所にて)

 

 ◇ディーゼルも参戦してDCCならではの続行運転もやってみました。(ディーゼル音がパワー出すぎてます)

 

DCC | 23:03 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
- | 23:03 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.