Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
鉄コレ動力をNjゲージにする 2(がんばってDCC化と自動運転も)

JUGEMテーマ:鉄道模型

#いつももご覧いただきありがとうございます。本年最後の投稿になります。

 

 前回初めて鉄コレ動力の改軌工事を行ってNjゲージの世界に足を突っ込みましたが、基本DCCを主題に取り組んではいるので、小さな電機機関車のED40ですがDCC化してみました。

 搭載するデコーダはDCC電子工作連合が誇る小型のデコーダNuckyさんのワンコインデコーダです。ただ小型とはいっても、ED40の様な小さな車体に押し込むためにはそのままポン付けではさすがに無理なので、かなり切った貼ったの工夫が必要な恒例のガンバって入れてみるシリーズです。

 まずデコーダを載せる大まかな位置決めとスペースの確認をしてみました。予めワンコインデコーダ4はスマイルコネクター端子をギリギリまで切り詰めて19mmの長さまで小型化してあります。

 

 ◇まず小型鉄コレ動力を上部から見てみます

 

 ◇ワンコインデコーダ4を限界まで切り詰めて小型鉄コレ動力に仮載せしてみますがまだ入り切る感じはしません

 

 ◇一旦モータ周りをばらしてしてみました

 

 車体の端に入れるためのスペースを作るにはどうしてもモータソケットの出っ張りが邪魔なのでここを大胆にカットしてみました。この部分が無くなってもモータを固定したり集電不良などの不都合は特に問題なさそうです。

 

 ◇モータのソケットの端っこを片側だけカットしました。

 

 モータソケットの片側をカットしたことでなんとか車体に収まりそうな気かしますがまだまだやることがあり、ボデーをかぶせる時にどうしてもデコーダの僅かな張り出しでボデー上位部に当たって上手く被せられないためボデー上位部に逃げの切込みを入れました。

 

 ◇ボデー上位部も大胆に切り刻みます

 

 ◇絶縁処理をしてこれでなんとかボデーをキッチリと被せられました。

 

 今回ワンコインデコーダ4はモータデコーダとして載せるのですが、ライト点燈用のファンクションもオプションで使えるらしいので、このサポートページのファームウェアを書き込みました。ファンクションF0の配線引き出し箇所は実はスマイルコネクター端子の3番,4番PIN⁈が兼用の様ですのでスマイルコネクター端子を切り残しているこの部分から引き出しました。写真では分かりずらいですが、スマイルコネクター端子の表裏両側の中央の2端子から配線を引き出してチップLEDと制限抵抗をハンダ付けしてライト化しました。

 

 ◇かなり窮屈な配線の引き回しだったので、被せる最中にLEDのハンダが外れたりして何度もやりなおしました

 

 

 

 何せ車体が小さかったのでかなり手こずりましたがなんとかDCC化ができました。ライト化もワンコインデコーダ4のオプション加工でF0で点燈することも確認できたのでこれも大きな収穫でした。

 

 ◇仕上がり具合です。LEDのライト光が強すぎて溢れ出ていますが、押し込んだワンコインデコーダ4から電源が取れました。

 

 

 

 最後にDCC化後の走行テストですが、カーブレールを1セットしか買ってなかったので、これでは半円状にしかできないため、久々に往復自動運転もやってみることにしました。自動運転の在線検出器はフジガヤさんのS88 Detector 14port版を使いました。センサーを線路に付ける必要があります。

 

 ◇センサーのフォトカプラーは超小型のものを使うのでZゲージのレールでも問題なく付けられました。

 

 それでは鉄コレをNjゲージ化しDCCで自動運転は世界発⁈ではないとは思いますが、事例はそう多くはないと思います。見事な走りっぷりの動画をご覧ください。

 

 ライトは片側のLEDの光源が明るすぎて漏れ漏れですが、一応F0で点燈機能が使えました

 

 半円ですが270Rの急カーブを難なく走行しました。推進運転も心配していた脱線や連結器のトラブルもなく自動運転で永遠と走行を続けてくれたのでNjゲージ、改軌作業のコツを掴めば結構安定して走らせられるものなのだなと思いました。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 11:22 | - | - |
コメント
from: MECY   2018/01/05 12:50 AM
fujigaya2さま
コメントありがとうございます。
s88の光センサー先を見越していらしたのか、極小なサイズをセレクトされていたので、6.5mm軌間でもピッタリと設置できました。
鉄コレ動力でもNjゲージ化で車軸のクリアランスさえ確保出来れば、結構安定して走ります。やってはいませんが、お子様全速力でもいけそうな気がしてます。
from: fujigaya2   2018/01/04 10:57 AM
素晴らしい。S88の光センサ、Zゲージも取り付けられるんですね。
機関車もスムーズに走っていますね。カーブで左右にヘコヘコしていないし。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.