Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
DSシールドでDNOS(仮称?!)を試してみる

 今回も自動運転ネタです。自動運転とはいってもDCCデコーダを搭載していない車両で簡易的に自動運転をしてみました。DCC落ちだと何か片手間な感じはしますが、DiskTopstaionならTom○XのT〇NSなんか必要ない!DCC化していない車両でも自動運転は出来るんだぞ!的な話です。

 早速今回のレシピです。用意するものはDCCデコーダを載せていないノーマルな車両とDSシールドとフジガヤさんのSS88Detecterです。DSシールドはAnalogスケッチを書き込んであります。DSシールドがAnalogスケッチということは、これでDCCデコーダなしのノーマルな車両でもDesktopstationからコントロールできます。これにプラスしてフジガヤさんのSS88Detecterの在線検知と自動運転スクリプトを連動させることでアナログ車両でも自動でおまかせ運転ができちゃうんてす。なんと画期的な事でしょう!もうTom○XのT〇NSなんて高級なものを買わなくても、DCC/アナログどんな車両でもDCC電子工作連合のアイテムで全てをまかなえちゃえます。

 ちなみに自動運転のレイアウトとスクリプトは前回猫屋線で自動運転を行ったものをそのまま流用しました。変えたところは自動運転スクリプトで車両アドレス指定しますがAnalog車両用にアドレス3に合わせただけです。

 

◇DCCの自動運転と何ら変わりない動きでした。

 DSシールドのAnalogスケッチなら簡易的な自動運転もどきは出来る様になりました。ただDCCではないので、2列車同時制御やサウンドは出ません。やはり本格的な自動運転やギミックを楽しむならばDCCが最適解ではないでしょうか。

スポンサーサイト
- | 12:59 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.