Endless trail

寄り道好きのひとりごと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/30)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    MECY (08/27)
  • KATO C56 (HOタイプ)を頑張ってオープンサウンド化にしてみる。
    KAKKA (08/26)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    MECY (08/13)
  • Next18のSmileDecoderを試す
    なごでん (08/13)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    MECY (08/11)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
  • Hoゲージの大ジオラマでC59を思いきり走らせてみた
    KAKKA (08/09)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
DSシールドのAUTOスケッチDEMO版を普通に走らせてみた。

JUGEMテーマ:鉄道模型

 今度の鉄道模型市で参考展示予定のC59です。蒸気サウンドをアピールするのがメインと考えていたので、以前作ったDSシールドAUTOスケッチで走行はさせないで(動輪だけフリーにする)自動運転から音だけ出す展示方法にする予定ですが、フジガヤさんがキハ58にSmileDecoder_R6nを3基搭載した(打倒カンダム-ジットストリームアタック仕様⁉)往復自動運転をするみたいですので、往復運転用のレールをお借りしてC59を走行させる自動運転ができないか検討してみました。

 

 ◆周回レール上で普通に走らせた動画です。

 

 動画の通り、C59のAUTOスケッチのDEMO版だと往路でも1週半分は走行距離が必要みたいですので、どう考えても会場でレールを敷設できるスペースの中に収まりそうにありません。

 

 とゆうことで、あっさりと元の鞘に収まってサウンド付きディスプレイでいこうと思います。ただ短いレールを敷いただけのショボイ展示ではC59が台無しなので、急ごしらえですが簡易的な展示台を作りました。

 

 ◆自動運転サウンド用に作った展示台に59を載せてみました

 

 これでも目の肥えたモデラーの方からするとボーダラインギリギリで危ないクオリティーかと思いますが、短時間かつ少ない予算で制作したので、ご容赦していただきたいと思います。見るに堪えない方は目をつぶって頂いて、MP3デコーダの奏でる蒸気サウンドを耳で確認していただければと思います。

スポンサーサイト
- | 17:57 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.